【回復期病棟の作業療法士】病院勤務で色々な疾患に出会う。色々な患者さんがいるけど、すべて経験。

【回復期病棟の作業療法士】病院勤務で色々な疾患に出会う。色々な患者さんがいるけど、すべて経験。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
回復期病棟で作業療法士

【当時の住まい】
実家で親と兄弟と住んでいた

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
家から近く、給料もよかったため
病院で働きたく、回復期であればリハビリが充実しており勉強になると思ったため。

【環境と仕事内容】
作業療法士、回復期病棟で患者さんのリハビリを毎日6〜10人していた。
患者さん層は、整形や脳血管障害など。
作業療法士室で主に過ごしており、生活動作練習や上肢訓練、基本動作訓練や高次脳機能訓練を行っていた。
回復期ではチーム制で6人くらいのチームで担当をもっていた。
日勤でシフト制
365日リハだったので、正月出勤や日曜出勤もあった。

【大変だった時期】
入職して一年くらい。




【大変だったこと】
日曜出勤が月に2回ほどある。
シフトなので2連休をとると連勤になるためしんどい。
旅行とかがいきにくい。
友だちと休みが合わない。
また有給とれない。
先輩を優先して休みをとらないといけない。
まだ若かった自分は反抗的で、でたくないと発言したりしていた。
看護師さんとの関係が難しかった。
特に経験が長いおばちゃん看護師さん。
なかなかコミュニケーションが難しく、頼みごとなどしたときの表情や後でいわれる影口がつらいときもあった。
おばちゃん看護師は仕事はあまりせず、しゃべるばかりで、リハビリ職員に影口を言ったり、こっちに聞こえるように言ったりして嫌な気持ちになった。
またカンファレンスなどでの発言したりしていたときの表情もきになった。

【大変だった期間】
働いている間ずっと。




【当時の心境】
初めはいきたくない気持ちもあったが慣れるとそうでもなかった。
シフト制で6連勤になると憂鬱だった。
日曜日出勤のメンバーによっては楽しかった。
看護師さんとこじれると、やだなぁと憂鬱だった。
影口もしんどかった。

【職場が大変だった原因】
有給は、仕事上休みがとれないからしかたない。
病院自体の福利厚生が悪い
人間関係としては、わたしのコミュニケーション不足。




【仕事で良かったこと】
患者さんにありがとうと言われたとき、退院するとき、涙がでることがあった。
患者さんが病気でできなかったことがリハビリをすることで、できるようになったとき
患者さんに誕生日に折り紙でつくったプレゼントもらったとき




【特にひどかった最悪の出来事】
まだ知識が浅い1年目くらいに担当をもった脳血管障害の患者さん。
高次脳機能障害があり、リハビリにいくとねちねちと怒鳴られ、諦めず対応していても、何度も何度も言われた。
女は嫌だから男をつれてきて、経験年数が長い人がいいなどと言われた。
大きい声でいわれ、先輩たちにも聞こえみにきてくれた。
先輩がフォローしてくれ、おさまったが病室でた後、涙がでた。
どうしてリハビリにいってるのに怒られないといけないのか分からない。
すごくつらかった。
いま考えると高次脳機能障害だったので、しかたないが経験が浅いときには対応できなかった。
そのときはとても惨めで恥ずかしかった。
あまり失敗を人に見せたくないので、少しの間引きずった。




【相談した人・助けてくれた人】
同僚に担当したくないことを愚痴った。
なんで怒られてまで関わらないといけないのか。
先輩には病気だから気にしない。
大丈夫。
と言われ慰めてもらった。
拒否されたときは先輩がフォローにはいってくれたりして助けてくれた。

【改善のための行動】
患者さんの拒否はあったが、諦めずかかわって、必要なリハビリをすることができた。
その人が退院するまでリハビリ担当をした。
病気でなったことだから、しかたないと割りきろうときぶんをかえ取り組んだ。
拒否があるときは先輩たちが変わりにしてくれたりし、フォローもしてくれた。




【現在の状況と心境の変化】
10年たった。
その職場は7年で辞め、新しい職場で働いている。
今は施設で働いていて、充実してるかというと、病院のほうが充実していた。
リハビリ内容としては、ものたりなさを感じる。
今の職場は以前より給料が少ない、やりがいはそんなにないが、休みがとりやすいところがよい。
職場の人もみんないい人でよくしてくれ、楽しく過ごしている。

【学んだこと】
そのときは嫌だった高次脳機能障害に興味を持ち勉強をし、高次脳機能障害がすきになった。
今の職場でも役に立っている。



【当時の自分へのアドバイス】
色々な経験があとに繋がるよ。
いまのうちに色々経験しておくべき。
嫌なことがあると億劫になると思うけど、経験年数が少ないうちに色んな分野に興味をもち、かじるだけでもした方がいい。
経験年数が長くなると分からないことを人に聞くのも聞きづらい。
いまのうちにたくさんの人に聞いて情報や知識を吸収してほしい。
失敗も苦手だけど、いまのうちに失敗をたくさんしてほしい。