【理学療法士 病院】体への負担、雑務、人間関係、ストレス...思ってた以上に社会人はつらい!

【理学療法士 病院】体への負担、雑務、人間関係、ストレス...思ってた以上に社会人はつらい!

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
理学療法士 病院

【当時の住まい】
実家で両親と3人暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
学生時代に実習でお世話になって、良い印象をもっていたから。
昔から地元で働きたかったという願望があったから。

【環境と仕事内容】
リハビリをする仕事。
急性期に勤めていたので、術後すぐの患者、症状が重たい患者が多かった。
働きはじめでまだまだ新米で、仕事を覚えること、初めての疾患を担当するので疾患について学ばないといけないこと、スタッフ(医師、看護師...等々)の名前を覚えること...覚えないといけないことがたくさんでした。
5ヶ所の病棟を回らないといけない。
基本的には日勤。
土日祝日は休み。
給料は低く、昇給も少ない。

【大変だった時期】
専門学校卒業後、就職してから1〜2年間。




【大変だったこと】
@スタッフ(医師、看護師、事務職員...等々)を覚えないといけないこと。
5ヶ所の病棟を回らないといけないので、各々の病棟の看護師を覚えないといけなかった。
日勤、夜勤とかあるし、マスクしてて顔が分かりにくいし、いつの間にか止める人やいつの間に入ってきてる人もいて入れ替わりが多いので大変だった。
A覚えないといけないことが多かった。
病気、疾患についてはもちろんのこと、事務作業(書類とか算定とか...)も知らないことばかりで大変でした。
B介助が大変。
自分で動けない人が多いので、特に腰に負担かかるし、体力的にもきつかった。
体重が重たい人を担当したときには、毎日が疲弊してました。
骨折とかの人は痛みも伴うので余計にきつかったです。

【大変だった期間】
1〜2年は続きました。




【当時の心境】
将来がどうだ...ということを考える余裕はなかったです。
毎日の仕事をこなし、早く1日が終われ、早く週末になれとしか考えられなかったです。
しかし、働くということはこんなもんなのかな?とある程度は我慢するしかないと思ってました。

【職場が大変だった原因】
覚えないといけないことが多かったせい。
スタッフが少なく、1人にかかる負担が大きかった。
特定の先輩が嫌みばかり言ってきてストレスだった。




【仕事で良かったこと】
患者さんが元気になってくる、動けるようになってくると嬉しかった。
患者さんから感謝されると余計に嬉しかった。
知らないことを知ることは楽しかった。
働き始めと比べると、効率良く仕事をこなせるようになった自分を実感できると、成長感があった。




【特にひどかった最悪の出来事】
@毎日20〜21時くらいまでカルテを書いたり、計画書を作ったり、書類をまとめたり...暗い病院の中で1人で延々と仕事をするのはつらかったです。
皆はほぼ定時で帰ってるのに、取り残される自分...。
孤独感が半端なかったです。
暗いせいで余計に精神的に暗くなってました。
A嫌みな先輩の存在。
自分はルールを守ってないくせに、こっちにはルールを強調してくる。
自分の都合が悪くなるとすぐに逃げる。
一緒に働くのが苦痛でした。
今では無視され続けてます。
あることないことを院長まで話をもっていき、あやうく私のほうが悪人になりかけました。
このときは、同じ部署の先輩方が守ってくれましたが、私の知らないとこで色々動かれてて怖かったです。




【相談した人・助けてくれた人】
先輩から大丈夫?無理してない?の一言にかなり救われました。
家族とか兄弟とかに話を...弱音をはきたくなかったので、誰にも相談せずにいました。
そんなときに話しかけてくれた先輩にはほんとに助けられたと思います。

【改善のための行動】
ひたすら仕事と向き合うことです。
あえて誰よりも仕事を請け負うように心がけました。
仕事をたくさんこなすことで、仕事はしっかり覚えていきました。
また、効率良くするために、付箋を使ったメモをしてました。
付箋を使ったメモはかなり効果的だったと思います。




【現在の状況と心境の変化】
少しずつ仕事に慣れて、効率良く働け、残業もほとんどないです。
現在はノビノビと働けてます。
後輩がたくさんはいってきたので、私が経験した苦労をなるべくさせたくないので、積極的にフォローしたり、先輩には仕事の効率化(いらない業務の削減、働き方)を提案してます。
嫌みな先輩はまだいるので、会うたびにストレスは感じてます。

【学んだこと】
なにごともまずはチャレンジすること。
できるできないよりも、まずはやってみようの心構えが大事だと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
なにごともまずはやってみよう!その時には誰でもいいので、ちゃんと確認をしながらしましょう。
報告、相談、連絡という当たり前のことは、やはりかなり大事です!単独で行動してもいいことないです!人は頼り、頼られる生き物です!そして、休みの日にはゆっくり休みましょう!オンオフをつけることが長続きのコツかなと思います。
休みの日も仕事のことばかり気にしてるとかなりきついです!