【リハビリ病院勤務の理学療法士】患者さんから罵声を浴びせられたり暴力振るわれたけど、対応力がとてもついた新人くん

【リハビリ病院勤務の理学療法士】患者さんから罵声を浴びせられたり暴力振るわれたけど、対応力がとてもついた新人くん

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
24歳

【当時の職業】
リハビリ病院勤務の理学療法士

【当時の住まい】
病院の寮で1人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
地方生まれで家から出たいということと、しっかりした病院で勉強したいと思った時に恩師に紹介されたのがきっかけ。

【環境と仕事内容】
365日のシフト制で、休みはまばら。
病院勤務で当時は地方から出てきたこともあり、慣れない土地と慣れない人に職場でした。
新人だったので、上司からの目を気にしながら仕事をきていました?仕事内容は脳血管障害の後遺症(半身麻痺)のリハビリがメインでした。
1人60分のリハビリで、一日多い時は6人診ていました。

【大変だった時期】
新人から勤続3年目まで




【大変だったこと】
上司(おもに主任)からの指導の元でやっていましたが、上からの熱い眼差し(プレッシャー)と患者さんに不安を持たせないよう新人とバレずにリハビリをするのが大変でした。
昼休みには上司のデスクの横の床に跪き説教話を聞いてたのを思い出します。
横をチラッと見てみると同じ新人が跪いてたので少し安心したのを思い出します。
あとは患者さんは半身麻痺になり、情緒不安定な中リハビリしなくてはならないので、対応に困るというか、どう接したらいいのか、なんて声をかけてかけたらいいのか分からない事は多々ありました。
休日にもリハビリがあり、たまに家族さんが見学に来られるんですね。
そうするとなおさらプレッシャーをかけられる感じがして、すごいやりにくい状態でした。

【大変だった期間】
5年くらいです。




【当時の心境】
通勤のときは患者さんに元気や前向きになる気持ちにさせてあげなきゃいけないのに、上手くできるかななど考え憂鬱な気持ちでしたね。
休みの日に同じ新人のみんなでボーリングに行ったり飲み会に行くのが楽しみでした。

【職場が大変だった原因】
今から思えば、上司や先輩からの中々のプレッシャーとリハビリ専門の病院という特殊な環境が原因だと思います。




【仕事で良かったこと】
都会に出てきて、知識と技術が身についたのは大きいと思います。
あとは患者さんからのありがとうという言葉や手紙をもらったりした時、できなかったことが出来るようになってきた事です。
そして一緒に喜んだ事です。




【特にひどかった最悪の出来事】
時計屋の社長さんの担当になった時の事です。
元々の性格なのか、病気になって性格が変わったのか定かではありませんが、僕の可愛がり方が変だったのです。
足が動かしにくいので車椅子に乗っている時に靴を履かせようとするとお腹や肩を蹴られたのです。
ふと上を見上げるとニヤニヤ笑ってたのを思い出します。
びっくりしました。
そして周りの部屋に届くような大きな声で「おい!〇〇!もう来なくていいからな!!」と叫ぶのです。
ここは引き下がってはいけない!これがこの人の人の可愛がり方なんだ!と思いながら、必死で笑顔を作って「〇〇さん、また来ますね?」といって部屋を後にしました。
これが私の中で最悪であると同時に、今でも残っているとても勉強になったエピソードです。




【相談した人・助けてくれた人】
当時は患者さんへの対応はあまり相談する事はありませんでした。
自分と患者さんとの関係だから、自分でなんとかしようと思っていたのかもしれません。
でもいっぱい考えることができたので、今となっては良かったのかなと思っています。

【改善のための行動】
その人なりの考え方があるから、誰々はこうなのに、なんであの人はこうなのかと思わないようにしたことです。
その人なりの経験や接し方があるし、それを受け入れるしか無いなと思うこと。
なので、とても落ち込むという事はなかったです。




【現在の状況と心境の変化】
いまはあれから10年くらい経ってますが、いまでもその経験はとても生きています。
人は人、自分は自分と思うとこで感情的になることは少なくなっています。
こどもに対しても同じでこうでなくてはならないとか思わないように、言わないようにしています。
みんな自由なんだからとおもうようにしています。
みんな違ってみんないい

【学んだこと】
人はそれぞれいろんな経験をして今があるので、同じ人はいないし、考えを強要する必要はないなとおもいます。



【当時の自分へのアドバイス】
今思えばその対応でいいぞ!と言ってあげると思います。
その年齢なりのその時代なりの考え方もあるだろうし、それで今考えられるベストだったんじゃ無いかなと思います。
今の頭と技術で過去に戻れたらまた違う事はできたかもしれないけど、また違う結果になってたんじゃ無いかなと思います。
だからそのままでいいぞ!とアドバイスしますね。