言語聴覚士。病院では下層なコメディカルですが、ナースとの報連相は特に面倒事が多いです。

言語聴覚士。病院では下層なコメディカルですが、ナースとの報連相は特に面倒事が多いです。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
41歳

【当時の職業】
言語聴覚士 病院勤務

【当時の住まい】
持家に独り暮らしでした。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
前職を退職し、転職エージェントに相談して決めました。
前職の病院は急性期でしたので、ゆったりと仕事がしたいと思い回復期の病院を選びました。

【環境と仕事内容】
回復期の病院で嚥下障害や言語障害、高次脳機能障害の患者様に言語聴覚士としてリハビリを行います。
職員は全部で200人程はいたかと思います。
患者さんは回復期なので命の危険性はありません。
しかし症状が丁度回復過程にあるため回復の見極め、リハビリ内容があっているかなどの慎重さは当然必要でした。
夜勤はありません。
週休変則2日制でした。
給与は24万円、寮はありませんでした。

【大変だった時期】
40歳で転職し、最初から大変でした。




【大変だったこと】
理学療法士や作業療法士などセラピスト同士の仲は良かったです。
ケアワーカーさんとも良好でしたが、ナースの態度が悪く、我々に対して常に上から目線の病院でした。
特に言語聴覚士は下に見られており、嚥下評価をして食事形態を決めても無視、ということはよくありました。
その結果、誤嚥性肺炎誘発ということもありました。
あとは地域柄、少しガラの悪い患者さんが多くいました。
体に絵を描いている患者さんも多くいらっしゃいました。
だからといって特別扱いするわけでもないのですが、多少は気を付けることもありました。
ただ、家族や友人の面開時に言語聴覚士のリハビリの見学をしたい、ということがありました。
その時はいつも通りの雰囲気ではなく、非常に緊張しました。

【大変だった期間】
1年ほど続きました。




【当時の心境】
特に何とも思いませんでした。
電車通勤でしたので朝の通勤ラッシュは嫌だなあと思う程度でした。
仕事のことは仕事中以外思い出さないようにしていました。
休みの日は趣味に時間を費やしていましたので心のバランスはとれていました。

【職場が大変だった原因】
ナースの権力が強すぎたことだと思います。
これはどこの病院でも起こりがちなリスクだと思います。
学会でも看護師協会は強すぎますから。




【仕事で良かったこと】
回復期なので患者さんはどんどん回復していきます。
その過程をお手伝いできていることはやりがいがありました。
例えば会話がほとんど出来なかった方と簡単な会話ができるようになったこと、その他は意思疎通がスムーズにできた時は嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
セラピストとナースは連携が必要ですが、セラピストの間で「報告してはいけないナース」の情報が共有されていました。
理由は態度が悪い、報告しても「あっそ」で済ませる、医療提供の指示が通らないなどでした。
いわゆるお局です。
私もそれを護っていたのですが、ある日ある時のナースステーションには彼女しかいませんでした。
少し嫌でしたが情報を報告。
すると彼女は「あなたは誰?何者?」というのです。
名札見ればわかることです。
というより制服でセラピストだと分かるはず。
そして現在のリハビリが言語聴覚士が入っていることも電子カルテで分かることです。
なるほど、こういうところか、と納得したと同時に彼女のお眼鏡にかなうように報告したことはかなり屈辱的でした。




【相談した人・助けてくれた人】
有名なお局ナースでしたのでみんな愚痴大会でした。
ナースとの間は溝がありましたので、上司に掛け合って態度を変えてもらおうにも我々下っ端のセラピストにはどうしようもなかったです。
みんなで励まし合ったものです。

【改善のための行動】
それはそれ、と割り切るしかないと思いました。
実際割り切っていましたから。
それでも報告は必ず別のナースにしていました。
別のナースも大概態度は悪かったのですが。
うまく付き合うためには割り切るしかありません。
そういう職場です。




【現在の状況と心境の変化】
それから2年経ちました。
職場は相変わらずだそうです。
新人ナースは奴隷のような扱いを受けます。
2年目から独り立ちを許され3年目から鬼になるんだなあと達観してみています。
なぜ、新人時代にされて嫌だったことを後輩に同じことをするのでしょうか。
不思議です。
こうしてきつい性格のナースが出来上がり、考え方が凝り固まってお局ナースになっていくんだなあ、ということが分かりました。

【学んだこと】
人それぞれ考え方が違うので、それに合わせる。
無理なら割り切る。
あまり気にしないようにすることが大切。



【当時の自分へのアドバイス】
無理はしないように。
ナースの世界は初めてだと気づかず踏み入れてはいけない場所があります。
なので知らないところを歩く時は要注意してください。
達観してみていると面白さも感じます。
仕事に余裕ができたら少し離れたところから見てあげてください。
できるなら歩み寄れるようなきっかけを見つけてあげて、新人だから知らなかったが通用する範囲で歩み寄ってあげてください。